ハート型の毛玉

姓名判断とは

姓名判断とは、その人の名前に使われている字画から画数を算出して運勢や吉凶を診断する、占いの一種です。
名前は基本的には一度決めたものは一生使うものなので、特に赤ちゃんの名付けや名前を考える際には、姓名判断の専門家や神社に姓に合う名前を提案してもらう人も多くいます。
姓名判断の起源は中国ですが、今日本で姓名判断と言われているものは姓名に使われている字の画数で占う日本ならではの占い方法といえます。
外国人や外国語の名前の人の場合でも、画数を算出して占うことができるといいます。
最近では、赤ちゃんの名付けをする時に、名前の音の響きや個性を強調することを重視する親も増えてきていて、画数による運勢は特に気にしない傾向が強いような印象を受けます。
姓名判断は段々廃れていきているのかと思いきや、この人生の運勢が良くなるようにと願う親心は今も昔もそう変わらないようで、今も子供の名前を考える際には特に人気のある占いです。
また、日本では結婚や離婚をすると姓が変わるという婚姻システムなので、結婚によってパートナーの名字に変わった場合、運勢はどう影響が出るのか気になる方が、将来をシュミレーションするのに無料でできる姓名判断で占いをしたことがある人はかなりいるのではないでしょうか。
特に女性は結婚によって姓が変わることが多いので、親が姓と名の総合的なバランスを考えて良い運勢になるように名前をつけても新しい姓の字画との相性が悪くなってしまうこともありますが、占いの結果で人生が決目られているわけではないので、良いも悪いも参考程度に留めておくのが良いでしょう。

画数と格

姓名判断は姓名の画数をもとにおこないます。姓と名の画数の中からそれぞれ「格」が指定されています。この格に関しては5つあり、それぞれがそれぞれに意味をもっています。